新しい価値新たな美を創造した故人と家族の理想の墓石空間

TOPへ戻る

akazawa ブログ

中国出張報告 Ⅱ

2012/03/02

category: 業界異端児の赤澤です

業界異端児の赤澤です。今日は検品致しました製品をご紹介したいと思います。
今回特に検品する上で注意を払った点は、春節明けの最初の仕事の為、工場の製品管理の
引き締めを徹底させるため、特に厳しく指導して参りました。基本となるカネ手・造形・研磨等
はさることながら、Le ciel 商品のR曲線などの造形に関し、工場とも現場で意見交換を交わし
、今後の製品精度に反映するよう理解を求めました。相当な数の修正を指示しましたが、工
場側も改善点は率先して工作員に指示し、春節明けの出足としては、100%ではありません
が、ある程度は安心出来る体制となったのでは無いか思います。
      
● 根強い人気のOasisです。石種は、LX-5とバハマブルーの組み合わせになります。
      
● 奥からBANグレー和型、印度PTR/Le ciel 「 Amour 」、印度YA-4/Eternity 「 Fatal 」
      
      
● casa memoria 「 TSUBOMI・ICHI 」 の商品
   印度黒とG614の組み合わせになります。 
      
● 印度YA-4とインペリアルレッドの組み合わせ Eternityシリーズ 「 Fatal 」
      
● casa memoria 「 YASURAGI 」 の商品 石種は印度MU
      
● Eternityシリーズ 「 Arcadia 」 主力商品となっているデザイン。オーロラと印度M-10
      
● casa memoria 「 MIYABI・NI 」 印度KNM-K 右側はEternity 「 Canar 」 G663
      
● こちらの商品も Eternity 「 Fatal 」 です。石種:中国マホガニーとLX-5
      
● Le ciel を代表する「 Amour 」 。 石種は印度M-10 棹石のこの曲線美の造形が大切
  です。 この曲線美が悪ければ商品価値も下がるんですよね・・・・・・。
      
● Eternity 「 Canar 」  石種:LX-5 今年も粗目の濃色 他社と違い通年通して豊富な原
  石を確保していますので、いつご注文頂いても石目が変わる事がありません。
      
● casa memoria 「 TSUBOMII・NI 」 石種は印度M-10と印度マホガニー 図面で見る
  のと違い、とにかく大きな棹石に驚き!確かに日本側で刻字するのは大変ですよね~!
      
● casa memoria 「 SOU 」  このデザインは初めての制作です。流線型に施された棹石
  の造形がとても綺麗に仕上がっています。 この辺のデザインは工場の製品精度が良く
  ないとせっかくのデザインが台無しになってしまいます! 印度M-10と印度マホガニー
      
      
      
● 当社の定番商品の1つ。G654平和 このデザインの注文はなぜかしら多いんですよね!
  和型に合わせてのこちらの外柵のデザインは、ユーザー様に好まれるのでしょうね!
      
● 上下の写真 Le ciel 「 Vitala 」、印度RYOとオーロラのコンビネーション。
      
● デザインものばかりでは無く、一般の定番商品も扱っていますよ!(笑)
      
      
● Eternityシリーズ 「 Arcadia 」 印度YKDとオーロラの組み合わせ。
      
      
      
● Le ciel シリーズ「Luna」 石種は印度RYO 久し振りに綺麗な石目でお客様に喜んで頂
  けること間違いなし。今年のRYOはお勧めです!
      
      
● こちらも同時期に制作したものですが、羽目のR造形に歪みがあり、左右共に修正指示
  をし、翌日に再度検品したものです。Le ciel シリーズ「Luna」 印度マホガニーです。
      
      
      
● 黒竜江省の石1790とK-12 岡山のお客様のものです。上写真の北海道仕様の和型と
  比較しても、地域によって形状がまったく違います。
      
今回、春節前のご注文に対応出来ず、製品化されてない商品も御座います。特に北海道
の積雪の状況から、納期があるものに関しては次回、訪中時の検品予定にさせて頂くもの
も御座います。予めご了承頂ければと思います。
※ casa memoria 商品は、地域限定商品です。一部取扱いが出来ない地域もあります。

  • 4:04 PM
  • コメントはまだありません

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です