新しい価値新たな美を創造した故人と家族の理想の墓石空間

TOPへ戻る

china ブログ

中国滞在 2 (ニューデザイン Le ciel )

2009/01/12

category: 中国近況報告

業界異端児の赤澤です。昨日の中国レポートの続きをお話致します。8日も朝早くから目
が覚め、朝食はいつも通りお粥を頂きます。迎えの時間まで泉州市内の街を1人で散策
し、滞在先のホテル前で記念撮影!
      
     ホテルのロビーで工場の人間と合流し、AM9:00いざ出陣!
工場に入る前に恵安の中国彫芸城に向かいます。ここでは年始用の贈答品を購入する
目的で訪れました。彫刻工芸品の市場みたいな所です。結構掘り出し物もあります。
顔馴染みの店で今年の干支の牛の置物をまとめて購入しました!写真でご紹介したいとこ
ろですが、楽しみが無くなりますので・・・・・。
 
通り掛かりに若い女性達が石版に影彫りをしていたので写真を1枚。急いで工場に移動・・・・・。
影彫りとは石版に点刻と言い点を打ち込む技法で動物や人物・風景などを彫刻する事です。すべて
職人の手作業により点刻をし、被写体は点刻の明暗・コントラストを付けて浮かび上がらせます。

 
工場(華廣威達興石材)に到着し、昨年暮れから苦労して開発・製作した新しいデザインの
検品に入ります。見た瞬間 『 良し!!!!! 』 の一声。 私自身、常に直感はいつも大事にしたいと
思っています。 昨年立ち上げた Le ciel (ル・シエル) シリーズ。

印度紅とG635の組み合わせです。特に印度紅には拘りがあり、私自身原石調達から携わり、
今回の印度紅は自信を持ってご紹介出来ます。印度紅にも色々種類があるのですが、正真
正銘最上級の石を使用致しました。加工の細部まで徹底して拘り、竿石の研磨仕上げは申し
分ありません。 実はこのル・シエル シリーズのデザインは製作段階から、すでに多くのご注
文頂いております。信頼してご注文を頂いたお客様に感謝しております。期待に沿える商品
になり一安心です。
    仕事も一段落・・・・では無く、いよいよこれからが 新年会・・・・・。
    
写真中央:華廣威達興石材の曽(ソウ)総経理  写真右:泉東偉石材の何(カ)総経理
    
写真右:華廣威達興石材の洪(コウ)副総経理 写真中央:盛盛髪石材の蘇(ソ)総経理
写真左:華廣威達興石材の工場長です。 あと2名居るのですが、通訳の陳さんは写真撮影
の役割に徹しております。華廣威達興石材の管理者はトイレ? でしょうか・・・・・。
     ◎ 今回の新年会での会話内容は中国滞在 3 でご紹介致します!

  • 9:00 AM
  • コメントはまだありません

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です