新しい価値新たな美を創造した故人と家族の理想の墓石空間

TOPへ戻る

china ブログ

中国滞在 4 (デザイン墓石の紹介)

2009/01/13

category: 中国近況報告

赤澤です!明日14日から海外出張です。22日戻る予定です。
中国から帰国後、3日間は安息? の予定でしたが、出張前に整理したい仕事もある
為、事務所に出社する嵌めとなりました。
今日は午前中から年始のご挨拶回り、一度事務所に戻り、遅くに帰宅・・・・。
考えてみると朝・昼・晩と食事抜きです。メタボの私には丁度良いかもしれません。
 ◎ 出張の用意も終わりパソコンンに向かいブログに書き込んでいます。
 それでは、中国滞在の報告をしますね!
前述にお伝えしていた写真撮影の件ですが、恵安の凌峰万里石材で行いました。
    
左写真は印度MG  右写真は北大青です。 この写真は私が撮影したものです・・・・。
カメラマンが撮影した写真は、現在中国で編集中です。私が出張から戻る頃には綺麗
に仕上がっていると思います。
カタログ作成が終わり次第、皆様にお渡しする予定です!
上記写真以外にも展示品で新デザインもあるのですが、時期が来ましたらお見せ致しま
す。今回のデザインは特に竿石・羽目などの造形が非常に高度な技術を要します。
平らな面を造形・研磨する事は容易い事ですが、写真を見てお分かりの通り、波打った
自然な形状に仕上たいといった私の意向を工場側は全面的に受け入れ、何度も改善
修正し協力に尽くして頂きました。私は特に加工に関しては煩い人間です。駄目なもの
は駄目とはっきり言います。
私は日本のお客様の代表としての立場である以上、妥協は許せません。又、工場との友
好関係を築く為にも厳しく指導する意味もあるからです。 昔から考えは変わりませんが、
製品の品質精度を追求するとやはり工場は限定されます。 工場と長く取引出来る事が
日本の石材店様からの信用・信頼に繋がるとそう信じます。
  少々熱が入って語ってしまいました・・・・・・。 (笑)
      
アモイに戻り、凌峰万里石材の事務所を訪れました。写真右は林総経理です。4時間
に亘って中国の石材業界・中国情勢の話に夢中になり時間を忘れてしまいました。
同じ年代として、色々参考になりますし、尊敬もしております。平均して中国の方は日本
人よりバイタリティもあり、型に嵌らず革新的・野心的な方が多いのではないでしょうか?
私はいつも訪中するたびに感化され帰って来ます。 単純な私にはちょうど良いぐらいです。
 次回訪中は2月です。またお会い出来ることを楽しみにしています!
   明日から暫く私のブログ更新はお休みです!私に代わって16日以降より
   社員の横山・福田が代わって更新すると思います。 
 海外研修から戻り次第、レポート報告しますね! では・・・。
 

  • 10:00 PM
  • コメントはまだありません

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です