新しい価値新たな美を創造した故人と家族の理想の墓石空間

TOPへ戻る

Concept コンセプト

私たちがこだわるデザイン墓石とは

私たちがこだわるデザイン墓石とは

近年霊園・墓地などを見て回ると、10年前には考えられなかった形をしたお墓など、数多くのデザイン墓石が目に入ります。
ひと昔前にはお墓といえば和型の三段墓・洋型オルガン墓が一般的でした。
もちろんこのような一般墓は霊園墓所に行くと
今でも数多く規格墓石として販売、建立されております。
一方で、最近はユーザー様のニーズが特に多様化し、
デザイン墓石の需要が年々伸び続けております。
中でも『故人に対する想いが形になる』という、
今までの概念に縛られない、自由発想のオーダーものが主流になりつつあります。
これはヨーロッパのお墓事情とさほど変わりのないところです。

私たちがこだわるデザイン墓石とは

デザイン墓石にとってデザイン面でのバランスや見た目の良さ、
存在感はもちろん大切なことですが、
私どもはそういったデザインの良さだけでなく
設計段階から施工方法及び、適正な石の強度を計算の上で
デザインを構築しております。
時にはお客様にとってのアドバイザー的な役割も果たす
良き相談の窓口としてデザインの構成から始まり、
引き渡しまでの責任に一貫してお応えしております。
単なる生産性の追及ではなく、デザインコンセプトをはっきり持つことで
ユーザー様が求めるお墓創りを目指しております。

Eternityエタニティ

「大切なお墓だからこそ本物にこだわりたい」
誰もがそう思うはずです。そういう思いを結実し、時間を十分かけて完成したのが「Eternity<永遠に...>」をテーマとしたお墓です。
角をベースに石のボリュームを与え、重量感と安心感を引き出すことで、今までにない個性的な、なおかつ先鋭的なデザインに生まれ変わりました。

Le Cielル・シエル

時代と共に変わる墓石デザインを追い求めて、デザイン墓石に新しい風を吹かせたいという思いから生まれたのが、ル・シエルシリーズです。
ル・シエルとはフランス語で「天」を意味します。
私どもの考える「天」とは、故人の安住のちであり、残された家族、または愛する人を優しく見守られる場所だと考えております。
エタニティとは対照的で、曲線を主とし、存在感はもとより温かみのあるデザインに仕上げました。

JEWELジュエル

宝石のように美しく、未来に輝きを与えるお墓
-アートガラスと御影石が出逢い、光を受けて共鳴の輝きを放つ-

米国シアトルにあるランドグレンモニュメント社とタッグを組み、ガラスデザイン墓石“光り墓®(ひかりぼ)”を展開するランドグレンモニュメントグループ企業でアートガラスを取り扱うフォースプレイス株式会社(所在地:東京都港区)と墓石デザインを開発する株式会社皇潤貿易との共同開発によって誕生した『JEWEL』

『石種の変更と同様、アートガラスの種類も選べ、組み合わせも自由です。アートガラスに言葉や絵柄を自由に彫刻することができ、故人や家族の好みに合わせてオーダーすることが可能です。』
(株式会社皇潤貿易 赤澤実)