新しい価値新たな美を創造した故人と家族の理想の墓石空間

TOPへ戻る

tsunaki ブログ

変わるものと変わらないもの

2015/03/13

category: 綱木

こんにちわ営業の綱木です。
ジュエルシリーズが発表になり、多くのお客様から
反響を頂いております。まだご紹介できていないお客様にも
近日中にご紹介させて頂きます。
さて、本日の北海道新聞朝刊に気になる記事がありました。

「合同墓 進む整備」 とあります。
道内主要都市では、ほとんどの自治体が設置、もしくは設置予定となっています。
時代の流れにより、核家族化や高齢化が進み、お墓を維持できなくなったり
身寄りがなくなってしまった方もいるため、必要性が増してきたそうです。
ただ記事の中で住職様が、
「一度入れば取り出すことはできない、他人と一緒というのが本当に良いのか
よく一族で話し合ってから利用をしてほしい」と仰っています。
将来、子供たちや孫たちがお墓を守っていきたいと思っても
取り出すことができないので、その点も考えるべきところと思います。
合同墓や納骨堂のニーズが伸びる一方で、
お墓を求めてる方も数多くいらっしゃいます。
やはり先祖代々の墓を守り敬ってゆきたいという方も多いはずです。
我々ができることは、ここで家族と眠りたいなと思える
お墓を提供し続けることだと思います。
時代の中で変わってゆくものと変わらないもの
皆様はどうお考えになるでしょうか?

  • 4:31 PM
  • コメントはまだありません

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です