新しい価値新たな美を創造した故人と家族の理想の墓石空間

TOPへ戻る

tsunaki ブログ

Amazonお坊さん便

2016/03/05

category: 綱木

お坊

こんにちわ綱木です。北海道札幌は長かった冬を越え

ようやく春を迎えようとしています。

早く暖かくなって欲しいものです。

 

さて表題にもありますが、最近話題になっているお坊さん便について

自分の思うことを少し書かせて頂こうと思います。

まず、お坊さん便というのは必要な時にすべてコミコミの定額で

本サービスに登録されているお坊さんに来てもらう事ができるサービスです。

戒名の授与も含まれているプランもあり、追加料金は一切掛からないというのがポイントです。

最近、米ショッピングサイトamazonで取扱いを始めたこともあり、話題になっています。

これに対し、全国の仏教の主な宗派などでつくる全日本仏教会(以下、全日仏)は声明を出し

宗教行為を商品として販売することを許している国はない」と指摘し

定額化は「お布施本来の宗教性を損なう」としてamazonに対し

販売中止を求めています。ユーザーの反応も賛否両論です。

 

面白いことに全日仏はこのサービスに否定的ですが、

全国の僧侶からはお坊さん便への登録を問い合わせが殺到しているという事です。

簡単な話ではありませんね。いくら僧侶とは言っても生活し、食べていかなければなりません。

一方で、全日仏の言うように宗教の形骸化を危惧するのも理解できます。

私に、この問題の良い悪いは判断できませんが、やはり時代の流れなのだと思います。

流れというのは一度発生してしまえば、何人たりとも止めることはできないのです。

amazonが販売を中止したとしても、自社サイトでの販売は継続するでしょうし、

他の業者もこれからどんどん参入してくる可能性もあります。

 

お坊さん便が生まれた理由はそこにユーザーの不満やもっとこうあればいいな

というところを汲み取った結果でしょう。全日仏も声明文でそれを認めている部分もありました。

その反面、宗教とは?供養とは?という疑問ももちろん湧いてきます。

 

この問題を通して自分自身も、石材店様、エンドユーザー様のこうあったらいいなという気持ちを常に

感じ取り、実行へ移していかなければ!と身を引き締めるきっかけとなりました。

石材店の皆様やエンドユーザーの皆様はこの問題、どうお考えになるでしょうか?

 

 

 

 

 

  • 3:11 PM
  • コメントはまだありません

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です