新しい価値新たな美を創造した故人と家族の理想の墓石空間

TOPへ戻る

tweet ブログ

デフレ不況

2009/11/25

category: 社長の独り言

お早うございます! 業界異端児の赤澤です。
菅直人経済財政担当相は20日、日本経済は 『 緩やかなデフレ状況にある 』 と明記した
月例経済報告を提出した。デフレは物価下落と景気後退が同時に進行することで、企業
収益や雇用・賃金の悪化を通じて、景気が再び落ち込む 『 二番底 』 も懸念されています。
『 ユニクロ 』 を展開するファーストリテイリングは、60周年を迎えたのを記念し、謝恩キャン
ペーンをスタートしました。 先週末の連休を利用し家族揃って買い物に出掛けましたが、入
口に入るや否やレジカウンターに会計待ちで並ぶ長蛇の列を目の当たりにし、それだけで
嫌気が差し、私はすぐ外に出てしまいました。 個人的に人混みは苦手です・・・・・。
買い物から戻った家内に話を聞くと 『 確かに物は安かった!』 と話しておりました!
ユニクロから990円ジーンズが発表されたのが今年の3月。先月にはディスカウントチェーン
ドン・キホーテが、低価格のプライベートブランド ( PB ) シリーズ 『 情熱価格 』 を立ち上げ、
その目玉商品として売り出されたのが、690円ジーンズ。 それまで最安値とされていた西
友の PB 『 みんなのジーンズ 』 ( 850円 )よりもはるかに安い商品の登場に消費者が殺到
するほどの賑わいでした。 ジーンズ1つにしても、デフレの状況が起きていると感じ取れます。
     
但し、消費者が低価格に集中するとその価値はなくなり、価値がないものは必然的に売れな
くなるといった現象も起こります。継続的に売れる商品とは安いだけの商品でも難しいという
事です・・・・・。
デフレスパイラルの現象は物価下落 ⇒ 企業の売上の減少 ⇒ 企業収益の滅少 ⇒ 企業行
動の慎重化 ( 設備投資や雇用の調整) ⇒ 個人消費などの最終需要の滅少 ⇒ さらなる物
価下落と繋がっていきます。
このまま物価下落が続くことで、企業収益が下押しされ、債務の返済資金繰りが困難になる
企業が増加し、企業活動を中心に景気全般に大きな影響を及ぼす可能性があると考えられ
ます。デフレ脱却のカギは企業収益が増え雇用・所得環境は好転し、さらに消費が拡大する
『 好循環 』 が必要です。 しかし今の日本経済は世界同時不況からの病み上がり状態で、
出口が見えないトンネルに彷徨っている状況です。
私たち消費者は安いと聞くだけで敏感になっていますが、逆に自分の首を絞めていることを
気が付かずにいます。企業収益が減る一方で必ず所得も減り、リストラにも影響していく中で
最終的に家計を圧迫することを理解しなければいけません・・・・・・。
 
  ◇ 今日はこれから来年のカレンダーを持参し、年末の挨拶廻りに出てきます! 
         それでは・・・・・・・。 

  • 5:39 AM
  • コメントはまだありません

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です