新しい価値新たな美を創造した故人と家族の理想の墓石空間

TOPへ戻る

tweet ブログ

夏季休暇 後半

2011/08/16

category: 社長の独り言

業界異端児の赤澤です。 夏季休暇2日目は、早朝からホテル出発!
チェックアウトを済ませ、謎の生物クッシーの棲む湖として話題に上がった屈斜路湖を
暫く眺め、景観を楽しんでいました!
      
今回の旅行の目的の1つ、清里町にある、神様の贈り物 『 神の子池 』 に行く事です!
この神の子池は、摩周湖の水が地下を通り、この池に湧出していると言われ、その澄ん
だ青さには神秘的な美しさがあります。今年の正月に行った明治神宮内の 『 清正井 』
の井戸と同様、パワースポットとして人気がある場所です。前日もこちらに立ち寄ったの
ですが、その際は、脱輪した車が道を塞ぎ、進入出来ない状況でした!砂利道で車1台
がようやく入れる場所です。神の子池の周囲は、幅220m、水深 5m と、さほど大きな池
ではありませんが、摩周湖からの伏流水の量が 1 日に 12,000 トンの水が湧き出てい
るそうです。 驚きですね [:音符:]
      
      
『 神の子池 』 から、車で15分程、移動すると、『 さくらの滝 』 が現れます。 川を溯上
してきたサクラマスを待ち受ける、大きな落差のさくらの滝。 これを超えようとサクラマ
スが跳ねるのです。シャッターチャンスを待つ事10分、ようやく撮れました!
      
      
さくらの滝を出発し、約4時間掛けて富良野に到着!3年振りに 『 ファーム富田 』 に寄
りました!残念ながら、ラベンダーの花は刈り取りを終わったばかりでしたが、所々にま
だ残されていましたので、鑑賞する事が出来ました。
      
      
      
      
ファーム富田でしか食べられないラベンダーのソフトクリーム! 見るからにラベンダー。
      
富良野プリンスホテルの敷地内にある 『 ニングルテラス 』。 作家の倉本聰氏の著書
『 ニングル 』 の作品にも登場します。ニングルとは、森に住む身長15cmくらいの森の
知恵者のことを言います。
    
      
翌日、南富良野に流れる空知川でのラフティングをしました!私にとっても始めての経
験です。3男某も無邪気に楽しみました!下写真に小さく写ってますが、右が私です。
      
途中、岩場からの度胸試しのダイブが行われており、3男某も参加!怖いもの知らずで
2回ほどチャレンジしました!
      
      
やり切った感じの笑顔です。子供にとっては、今回の旅行で一番楽しかった遊びだった
のでは無いでしょうか?この笑顔が見たかったんですよね!良かった!
      
最終日は途中、雨に見舞われ、美瑛に寄る予定でしたが、滝川にある 『 松尾ジンギス
カン本店 』 に寄り、纏め買いしてしまいました!留守番している長男・次男坊のお土産
です。週末、家族揃って食したいと思います。
      
とにかく車での移動時間が大半を占めて、疲れてしまいましたが、気持ちを入れ替えて
後半戦に頑張りたいと思います。

  • 7:32 PM
  • コメントはまだありません

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です